JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

JUGEMテーマ:自転車ショップ

 

 

 

 

スタッフのカトウです(@_@)

 

ちょっと更新頻度が上がりました(笑)

 

お店は相変わらず忙しいのでなかなかお時間を作れませんが...

 

それでもご紹介したい事やお話したいことが沢山あるので

 

なんとかブログを書く時間を作っていきたいですね^^;

 

 

 

さて、早速ですが本題行きましょう!

 

BRUNOは皆さんご存じですよね?

 

今年からちいさな自転車家の両店で取り扱いが始まっており

 

在庫を置けば結構なスピードで売れていくのでなかなかお目に掛れませんが(;^ω^)

 

以前取り扱っていたCRAZY SHEEP(クレイジーシープ)が休止して1年近く...

 

 

新ブランド、GROWN(グロウン)として帰ってきました!!

 

 

GROWNのHPはコチラ

 

もともと京都のハンドメイドフレーム工房「E.B.Sが監修して作成されていた

 

クレイジーシープですが、E.B.Sの下で新ブランドとして引き継がれて復活です!

 

あの可愛いヒツジのロゴが消えたのは残念ではありますが...

 

今度は成長をイメージするようなキノコがオシャレに描かれていますね。

 

こちらの新ブランドは県内では当店のちいさな自転車家

 

長久手市にあるFunBikesKAZEさんでしか取り扱いがございません。

 

末永く使える一生モノとしてはBRUNOGROWNも選んで間違いなしですよ。

 

それではブランド立ち上がりの第1弾として先行販売の

 

ロムニーの後継機、EVERY(エブリー)のご紹介です!

 

(他のモデルは夏以降順次発表、発売されていきます。)

 

ちいさな自転車家 GROWN EVERY ミニベロ 小径車

 

こちらが新ブランドのGROWNのロゴになります。

 

可愛いイメージと違って落ち着いたロゴになりましたね。

 

ちいさな自転車家 GROWN EVERY ミニベロ 小径車

 

ご覧の通り、外観はロムニーそのものです。

 

お気に入りというかオススメの1台だっただけに復活は本当に嬉しいです!!

 

カラーは2色展開でアッシュグレーナッツベージュです。

 

ちいさな自転車家 GROWN EVERY ミニベロ 小径車

 

こちらがアッシュグレーになります。

 

アッシュは灰という意味で、灰掛かったグレーという意味ですね。

 

グレーにグレーって感じでイメージが付きにくそうですが(笑)

 

実車は打ちっぱなしのコンクリート壁のような色です。

 

ちいさな自転車家 GROWN EVERY ミニベロ 小径車

 

そしてこちらがナッツベージュです。

 

 

「???」

 

 

こうなった方、安心してください。

 

私もぱっと見で似てる気がして...

 

ベージュって言葉のイメージが先行してしまい、想像とかなりギャップがありました(笑)

 

先ほどのアッシュグレーにブラウンを混ぜ込んだ感じのほんのりベージュといったところです。

 

ド派手な色ではない、個性的というわけでもなく飽きの来ない洗練された選択ですね。

 

そういう意味でも1弾目としては良いカラー選択だと思います(^^)

 

ではでは、ロムニーとの違いをご紹介していきます♪

 

ちいさな自転車家 GROWN EVERY ミニベロ 小径車

 

まず小径車らしくカプレオが所々に採用されました。

 

レバーはもちろん...

 

ちいさな自転車家 GROWN EVERY ミニベロ 小径車

 

ブレーキ本体もカプレオになったのはかなり嬉しい変更です。

 

カプレオのブレーキシューは知る人ぞ知るロード仕様なんですよね...

 

小径車乗りの多くは未だにこちらを欲する方が多いとか。

 

ブレーキタッチも効きも以前よりもかなりイイ感じですよ!!

 

そしてロムニー同様、BRUNOでも採用されているセンター補正のバネは健在です。

 

このバネの強さは結構メーカーごとに違うのですが

 

BRUNO > GROWN

 

バネの固さはこんな感じです。

 

BRUNOの方が固く、駐車時でもセンターを頑なに出してくれます。

 

対してGROWNのはもう少し柔らかいので、グイグイ補正されるのが嫌な方は

 

GROWNの方が良いかもしれませんね。

 

ちいさな自転車家 GROWN EVERY ミニベロ 小径車

 

さて、ロムニーでは6段変速だったのに対してエブリーは8段変速

 

多段化されて、さらに使いやすくなっています。

 

フロント48Tリア11−30Tと小径車らしい組み合わせですね。

 

フロントが少し小さいのはスピードよりも快適性の方へシフトしたかったから。

 

っと思わせるような気もします。

 

スピードを競うようなモデルでもないので、のんびり走るには疲れなさそうです。

 

ちいさな自転車家 GROWN EVERY ミニベロ 小径車

 

リアディレーラーにはクラリスを採用されているところに

 

本当にスピードを競う気はないんだよね?っと疑問が残りますが(笑)

 

スプロケットもCS-HG50-8とクラリスを使用しているところに

 

耐久性やパーツ精度への拘りを感じますよね。

 

さて、これでお値段は?ってなるんですが...

 

なんと65,000円(税抜)でちょっとリーズナブルじゃないの?

 

 

ちいさな自転車家の販売価格は71,000円(税込)となります(^^)/

 

 

ちいさな自転車家 GROWN EVERY ミニベロ 小径車

 

プロムナードのハンドルは前傾姿勢が苦手な方にはかなりオススメできます。

 

これはもうBRUNOキラーと呼ぶに相応しいですね。

 

そんなわけでBRUNOと並べてみました(笑)

 

ちいさな自転車家  栄店 BRUNO GROWN ミニベロ 小径車

 

なんということでしょう!

 

完全に溶け込んでますね(笑)

 

ただこうやって並べて見ると違いが分かりやすいですね。

 

跨ぐところの2本(トップチューブとダウンチューブ)の太さが

 

EVERYの方がMIXTEよりも太く作られています。

 

シャープでシュッとしたシルエットが好きな方にはBRUNOの方がオススメになるようです。

 

そしてBRUNOにも新色が入りました。

 

ちいさな自転車家  栄店 BRUNO MIXTE ミニベロ 小径車

 

カラーはコンクリート色となります。

 

GROWNのナッツベージュが打ちっぱなしのコンクリート壁のような色に対して

 

ちいさな自転車家  栄店 BRUNO MIXTE ミニベロ 小径車

 

BRUNOのコンクリート色は道路の舗装で使われるコンクリートの色に似ています。

 

こうやって写真で見るとホワイトにしか見えないのが残念です(笑)

 

目を凝らして心を清らかにして見ればうっすらとクリームっぽい色に見えると思います(笑)

 

こちらは栄店にて展示・在庫してありますので気になる方はお問い合わせ下さいね。

 

ちいさな自転車家  栄店 BRUNO MIXTE ミニベロ 小径車

 

そしてこちらはBRUNOMIXTEのブラックカラーです。

 

日に当ててみると分かるのですが...あまりブラックという感じがしません(;'∀')

 

どことなくグレーの方が近い気もするのですが...

 

光に当たっていなければブラックに見えますね(笑)

 

ちいさな自転車家  栄店 BRUNO MIXTE ミニベロ 小径車

 

 

ブラ...ック?(;^ω^)

 

 

間違いなくブラックです(笑)

 

 

栄店ではBRUNOの問い合わせがかなりありますので

 

今後はBRUNOを中心に置いていこうかなと模索中です。

 

GROWNBRUNOは栄店の2大ブランドとなりそうな予感。

 

次回は今回の流れでBRUNOのご成約された車体をご紹介していきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スパルタン、発進しました!

 

ちいさな自転車家 サイクルハート スパルタン ミニベロ 小径車

 

以前ご紹介したこちらのスパルタンですが

 

満を持して岩手へ現在出立いたしました!

 

軽さ、乗り味、剛性、どれをとっても一級品と仕上がっていますよ!

 

やはりスパルタンは唯一無二のミニベロですねぇ...

 

ちいさな自転車家 栄店 ロードバイク

 

分け合って車体を明かせませんが、実はロードバイクもご注文いただきました。

 

赤と黒をベースにカラーリングされたスパルタンとは違い

 

こちらのロードバイクは赤、青、白を差し色に入れてフランスをイメージしてみました。

 

ハンドルにはDROPSの黒/イタリアンというのを使用してあるので...

 

さりげなくフランスとイタリアが車体に入っています(^^♪

 

こちらの2台が現在岩手へ配達中です。

 

 

スタッフ井上の岩手旅行記、近日ご紹介!!