JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

JUGEMテーマ:自転車ショップ

 

 

 

 

 

スタッフのカトウです(@_@)

 

ついに...

 

ついにアレが完成しましたよ!

 

( =ω=)フフフ

 

詳細報告はまた後日!

 

 

伊達にブログをサボってたわけじゃありません!

 

 

いや、サボってないからね?(汗)

 

そういえばちょこちょこネットで買われた電動アシスト自転車を(防犯登録で)持ち込まれます。

 

認定型式もしっかり取ってあるのが増えてきましたね?

 

ただ使われているネジがやはり特殊が多く、ショップさんによっては合うのがなさそうです...

 

万能工具プライヤーやモンキーレンチもありますが、些か心許ないところはありますね。

 

量販店さんや自転車屋によっては修理をお断りされることもありますので

 

そういう場合は購入予定の車種を、今後お世話になるだろう自転車屋さんへ予め聞いてから

 

購入された方が安心かもしれません。

 

電話対応だけでも社交的な自転車屋か、それとも排他的な自転車屋なのか分かりますからね。

 

ちいさな自転車家は補修パーツが取れない案件以外は基本的にお受けしております(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

ではブログ本題です。

 

ホント、ここ最近更新が停滞気味なので楽しみにされている方には申し訳ないですm(_ _)m

 

その分ネタは少しずつ溜まってきておりますので、2,3回分は大丈夫だと思います(笑)

 

さて、新商品のご紹介ですよ?

 

真打の大本命は一番最後に ...(▽∀▽)ニヤリッ

 

まずはこの夏の間でもTwitterで色々な人が挙げている輪行や〇〇一周旅行に欠かせない輪行袋です。

 

はい、例のアレのご紹介だと思った人は残念でした(σ・∀・)σ

 

誰でも情報が簡単に発信できるようになった今、多くの方がチャレンジされているのが見受けられます。

 

かくいううちのお店からも現在進行形でアラスカ縦断の自転車旅行に行っているのだから

 

色々なことをするには本当にやり易い世の中になったなぁと感じますね。

 

小径車は持ち運びにも便利ですし

 

折りたたみ自転車は正にそういった目的で作られているので得意分野ですね。

 

「小径車や折りたたみ自転車に10万円以上もお金を掛けるなんて...」

 

と言われていますが、そういう目的に特化されて作られているのですから

 

当然それなりの金額になってくるのは当たり前なんですね。

 

なのでそもそも比較すること自体が間違っているとカトウは思っています。

 

かといってもロードバイク慣れてしまえば輪行も苦ではありません。

 

ただ(公共交通機関には規定があるので)長さを気にしたりする必要性は小径車ならありません。

 

少し話が脱線しましたが、以前から小径車用や折りたたみ自転車用の輪行袋はご用意してあります。

 

ここ最近ロードバイクの需要が当店でも増えてきましたので

 

ライトユーザー向けのモノをご用意してみました。

 

ちいさな自転車家 パーツ 輪行袋 R250

 

実は愛知県ではニコー製作所さんとちいさな自転車家でしか店頭取扱の無いR250ブランドです\(◎o◎)/!

 

使い勝手が良いのに比較的安価なのが魅力なR250はぜひ手に取って見ていただきたいと思いますね。

 

そんなR250さんから輪行袋セットなるものがあります。

 

輪行する時に袋だけあれば良いわけではありません。

 

「でも何を買い揃えてどうやって詰めれば良いの?」

 

こちらの輪行袋セットは必要なモノが揃っているうえに輪行マニュアルまで付属している

 

なんともライトユーザーに優しい輪行袋となります。

 

ちいさな自転車家 パーツ 輪行袋 R250

 

動画も配信しているようなのでマニュアルと一緒に予習しておけばあなたも輪行マスター!?

 

付属品は今後も使い回しが出来るので、袋が破れたりした時は他メーカーを試しても

 

付属パーツはそのままいけるのでお得ですよ(*^^)v

 

小径車にこういったのが無いのは基本考えずに出来てしまうからです(笑)

 

ちいさな自転車家 ヘルメット OGK KABUTO VITT

 

さて、お次はヘルメットの新商品です。

 

先の輪行でもありましたが、自転車で小旅行に...

 

そういったユーザーがかなり増えてきています。

 

ネットで口コミや評価を見てみても玄人やパーツマニアの辛口レビューばかり。

 

結局何を買って良いのか、分からなかったりします。

 

以前ご紹介したRECT(レクト)はサイズがフリーで多くの日本人にフィットするエントリーモデルとして

 

ご紹介させていただきました。

 

おかげさまで随分とご好評で、ヘルメットを検討されている多くのお客様から支持されています。

 

ただ、やはり乗り始めているとサングラスが必要になったり

 

思ったよりも速い速度域で走れてしまって目が乾燥する、という悩みをここ最近聞くようになりました。

 

そんな方たち用へ今回同じOGK KABUTOさんからのVITT(ヴィット)をご用意しました!ヽ(^o^)丿

 

デザインよりもまずは実用性&価格を重視!(笑)

 

OGK KABUTOさんはデザインもカッコイイですからね?

 

キノコ頭にならないようにコンパクトフィルムに設計されています。

 

加えてさすが日本メーカー、日本人の頭にジャストフィットする確率が多いのはココだけですね!

 

さて、レクトとの大きな違いはより実践的向きに作られていることとシールド付モデルという事ですね。

 

実戦向きと言ってもレーシーにではなく、さらに蒸れにくいように風通りよく作られている訳です。

 

ちいさな自転車家 ヘルメット OGK KABUTO VITT

 

マグネットで固定されているシールドは使わない時はこのようにスマートに収納できます。

 

ちいさな自転車家 ヘルメット OGK KABUTO VITT

 

そして使う時は反転させればこのようにロックマンへと変身できます(笑)

 

嬉しいのはメガネ着用者でもこのシールドは一切邪魔しません。

 

なのでメガネユーザーの方には是非一度被っていただきたいですね!

 

さらにこのシールドはOPで色々なモノが用意されています。

 

色々なカラーやミラータイプ調光タイプもあるので後から必要に応じて購入されるのも良いですね。

 

ちいさな自転車家 ヘルメット OGK KABUTO VITT

 

レクト同様に虫の侵入防止用にネットが標準装備。

 

これがOPのヘルメットって結構あるので、最初からあるのは非常に助かります。

 

サイズは3種類ありますが、頭の形が悪い私ですら真ん中のサイズでジャストフィットします。

 

 

頭の悪い私ではないですよ?(笑)

 

 

なので一番大きなサイズは相当大きいと思いますので

 

ヘルメットがなかなか合わないという方は一度試してみて下さい。

 

ちいさな自転車家では全色ではありませんが、全サイズ揃えてあります。

 

大事なのは実際に被ってみることなので、なかなかそういう場所が無い時はうちへどうぞ(*^^)v

 

 

 

さて、お待たせいたしました!

 

ちいさな自転車家 パーツ 携帯ポンプ 例のポンプ LANDCAST マジックポンプ

 

 

例のポンプ、ことLANDCASTのマジックポンプ、リニューアルタイプのご紹介です!

 

 

まず、モデルが3タイプに増えました。

 

今まで通りの20cmサイズスタンダートモデル

 

エアゲージ付の(ゲージ長含む)20cmニューモデル

 

18cmのコンパクトサイズニューモデル

 

コンパクトモデルは通常のツールケースに収納できるようになりました。

 

短くなった分1回で入る空気量は減りましたがそこはマジックポンプ

 

ポンピングの軽さは苦にならないのであまり気にしなくても良いかもです。

 

エアゲージ付モデルは今まで手の感覚で確かめていたのを通常のポンプと同じように

 

ゲージで圧を測りながら入れることが可能になりました。

 

おかげで正確な圧までしっかりと入れることが出来ます。

 

ベースはコンパクトモデルなのでやはり1回で入る空気量はスタンダートモデルより少ないです。

 

スタンダートモデルを含むリニューアルモデルは米式⇔仏式の切替がスマートになりました。

 

バルブ口を回すだけで簡単チェンジ!

 

その分少しお値段は高くなりましたが、良い改良なのでそこは付加価値の向上という事です(^^ゞ

 

ちいさな自転車家 パーツ 携帯ポンプ 例のポンプ LANDCAST マジックポンプ

 

 

ちいさな自転車家ではゲージ付を今回新しく入荷することにしました!

 

 

インフレーターも便利ですが、ボンベとインフレーターを持たなければ意味がありません。

 

荷物が増える、ボンベが無くなったら使えない、などデメリットもあります。

 

携帯ポンプが敬遠がちなのはポンピングの回数が多いことと高圧になればなるほど硬くなる事。

 

でもLANDCASTのマジックポンプならば、回数こそ多いがまったく固くないので苦にはなりません。

 

多分普通の空気入れの方が固いんじゃないか?すら思い始めています(^^ゞ

 

ゲージが付くことでより使い易さが向上しました!

 

ダイレクトに繋ぐことも可能ですが、必要ならばお助けホースも併用できます。

 

ちいさな自転車家 パーツ 携帯ポンプ 例のポンプ LANDCAST マジックポンプ

 

なお、今回からこのような使い方のアドバイスも同封されているので

 

初めて使う方にも安心して使うことが出来ますね(*^^)v

 

こちらのLANDCASTのマジックポンプですが

 

現在自転車でアラスカ縦断チャレンジしているアラスカンボーイことゆうや氏も今回持参しています!

 

飛行機で輸送する時はタイヤがバーストしないように空気を抜いて輸送します。

 

インフレーターで使用するCO2ボンベは持ち込み禁止なので携帯ポンプは必須ですね!

 

グラベルロードの太いタイヤでもサクサク入り、現地で大活躍だそうですよ?

 

こちらの例のポンプことLANDCASTのマジックポンプ店頭にあるのはちいさな自転車家だけです。

 

ぜひ手に取って確かめて試してお買い求めください(*^^)v

 

 

 

 

なお、こちらのポンプの販売代理店を募集しています(笑)

 

卸業者さんでご興味ある方はご連絡下さいm(_ _)m

 

自転車屋さんでもご興味ある方はご連絡お待ちしておりまーす!

コメント
コメントする