JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

JUGEMテーマ:自転車ショップ

 

 

 

 

 

スタッフのカトウです(@_@)

 

明日は木曜日なので定休日となりますm(_ _)m

 

日中はだいぶ暖かくなりましたね。

 

出張修理がここ最近はいるのですが、この暖かさは嬉しいです。

 

 

 

奴らを除けば、ね(笑)

 

 

 

 

さて、ブログ本題です。

 

以前にも一度取り上げたのですが、カスタムのご紹介を改めてさせてもらいますね。

 

カスタムにも2種類あります。

 

 

・見た目を自分好みにする

 

・性能をアップグレードする

 

 

前者は誰にでも出来ますが、性能アップ面ではあまり期待できない場合もあります。

 

後者は価格が高い、見た目が限られる、体感できない場合もある。

 

ざっくりと初心者の目線で答えるとこんな感じとなります。

 

なんかまるで性能アップはデメリットしかないように聞こえますよね(^^ゞ

 

これはあくまでも初心者側の目線からでの体感で答えているからです。

 

ある程度自転車に乗るようになったり、予算に余裕がある場合は

 

後者は間違いなく意味があり体感できると思います。

 

自転車の性能アップというのは極端な話になりますが

 

エンジン(乗る人)の性能を最大限引き出すために拡張するところにあります。

 

数g軽くするために数千円、数万円掛けることはザラで

 

理論値での巡航速度を1km/h上げるためにさらに数万円掛けていくことになります。

 

これはあくまでも理論値の最大値であるので、

 

実測値はあくまでもエンジン(乗る人)に依存するわけですね。

 

なので最もコストパフォーマンスの高い性能アップ

 

 

己を鍛える(僕のようなメタボは痩せる)

 

これが遥かに有効です(笑)

 

 

 

さて、前置きが長くなりましたがちいさな自転車家では

 

前者の誰にでも出来るカスタマイズをまずはオススメしています。

 

個性の追及は物欲を満たしますし、愛着が湧きます。

 

愛着も湧けば必然と乗るようになるので、モチベーション維持には最適だと思いますよ。

 

特にダイエットエクササイズを目的にする方には効果アリだと思います。

 

その最も簡単で効果的なのがカラーカスタマイズです。

 

エントリークラスだとその分同車種の所有率が多いので、

 

皆競ってマイノリティやステータスの高そうな車種を探されます。

 

しかし立ちはだかるのは予算であったり販売店であったりと難しいものです。

 

ただ例え誰かと被ろうとも

 

少し手を加えてあげるだけで一気にあなただけの1台になるのです。

 

それがカラーカスタマイズ\(◎o◎)/!

 

ちいさな自転車家 カスタム カラー 通勤 通学 ミニベロ 小径車 クロスバイク

 

ワイヤーのケーブルの色を変えるだけで一気にそのイメージは変わります。

 

特に車体が単色や原色であればモチーフになるパターンは結構あります。

 

これは私がよく使う手法なんですが、世界の国旗などよく参考にします。

 

ちいさな自転車家 カスタム カラー 通勤 通学 ミニベロ 小径車 クロスバイク

 

グリップも予算が低めで簡単にできるアレンジですね。

 

ただシフトレバーによっては条件があるので要相談でもあります(^^ゞ

 

ちいさな自転車家 カスタム カラー 通勤 通学 ミニベロ 小径車 クロスバイク

 

こちらも比較的低予算からできます。

 

「ペダルなんて変える必要あるの?」

 

っと思われるかもしれませんが、クロスバイクに乗られている方

 

上の幅の広いタイプを使用されていない方はぜひ一度お試しください。

 

テニスで言うミートポイントが広がる感じになり、乗りやすくなりますよ。

 

他にも細々としたパーツなら1,000円くらいからあるので、

 

交換のタイミングや新車購入時などで変えてみるのも一興です。

 

ワイヤーのカラーカスタマイズは

 

ちいさな自転車家で新車購入時にプラス2,000円の格安で承っています。

 

是非ご検討下さい(^^ゞ

コメント
コメントする